れれのーと うるとら

けろけろと いろんなろぐを はきだします

カンファレンススタッフの時に持っていったら安心だったものリスト

こんにちは、れれのーとです。

技術系カンファレンスが多くなってきた最近、みなさまいかがお過ごしでしょうか。4年か5年くらいスタッフとして参加した経験から「スタッフの時にこれを持って行ったら安心だったぞ!」と感じたものをつらつらと挙げてみます。 ※モバイルバッテリーを追加しました

担当ポジション

受付担当9割、セッション担当1割くらい。

持って行ってよかったもの

小さくて身につけていられるバッグ

カンファレンス会場内を上へ下へ左へ右へと移動することが多いです。

  • お財布とスマホと鍵(貴重品類)を収納できる大きさである
  • 自分の身体から離さずにつけていられる(ウエストポーチやヒップバッグ、ポシェットなど)
  • フリーハンドでいられる

という条件を満たすバッグがあると貴重品の紛失・盗難の心配が少なくて済むのでおすすめです。ヒップバッグは狭い通路で人とすれ違う時など引っかかることがあるので大きさには少し注意が必要。

はおりもの

会場や季節によりますが室内の冷房が強いことがたまにあります。パーカーやカーディガンなどのはおりものが1枚あると安心です。また、おうちに帰れる時間は夜で冷え込むことがあるのでそういうときにも安心です。

服を2-3枚程度収納できるバッグ

スタッフTシャツを着用することがほとんどのため、家から着ていった服と、前述のはおりものを収納できるバッグが必要です。 余談ですが、カンファレンス帰りに東京駅で東京ばな奈買ったりとか、おみやげを買っていれるのにも便利です。

ペットボトルカバー

カンファレンス参加者の数に比例してスタッフの数も多くなります。多くなればなるほどペットボトル飲料のチョイスも被ります。ペットボトルカバーやホルダーなど、自分のペットボトルとわかる目印があると安心して水分補給ができます。とはいえ、服収納用バッグにいれる方法でもこの要件は満たせます。バッグに入れる場合、特に夏場は水滴で他のものが濡れないように薄手のタオルや手ぬぐいが1枚あるといいです。余談ですが、選ばれたのは~で有名なお茶飲料が私は大好きです。

ボールペン、紙

メモ用です。小さくて身に着けていられるバッグに収納できると最高です。万が一備品に紛れて紛失したときに後悔しないよう、高級ボールペンは避けた方が無難かと思います。特に受付だと配布資料やネームホルダーなど机上の物が多くて紛れやすいので放置すると危険です。

モバイルバッテリー

スマホを多く使うときはぜひ。

軍手(すべりどめつき)

会場設営をすることがある場合は軍手があるといいみたいです。

履き慣れた靴

  • 立っている時間が長いときがある
  • 机や椅子を移動したりすることがある

ということで、履き慣れた靴を履いていることが多いです。

(特に女性向け)Tシャツインナーの着用

スタッフTシャツですが透けやすいものに当たることがあります(色が薄い、布が薄いなど)。キャミソールやタンクトップ、その他シャツなどTシャツインナーの着用をおすすめします。ぽんぽん冷やしやすい方も着用をおすすめします。

チラリズムを誘発しないボトムス

かがんだときにチラリズムを誘発しないボトムスだと安心して配布物補充作業に集中できます。

ハンカチ・ティッシュばんそうこう

ごはん食べるときに手を汚したりすることもありますし、鼻水がでるかもしれない。 絆創膏は(><。ってなるから書かないけど)ちょっとやらかしたとき用。2枚以上あれば靴擦れにも対応可能。

(雨の場合)タオル・靴下・ビニール袋

濡れるので。ビニール袋は濡れたものをいれるときに必要。あと、突然吐き気を催した時にも使えるし普段から1枚バッグに忍ばせておくとグッジョブです。

あとがき

後半は完全にスタッフ関係ないですがこんなところでしょうか。 あくまで個人の経験によるものですが、あまり言及されることがないので書いてみました。

持ち物とはまったく関係ないですが、カンファレンス終了後やスタッフ打ち上げを終えて帰るときに「1年後にまた会いましょう」とスタッフ同士言い合って解散するのがとても好きです。1年待たずして再会することもありますが(笑)

今年も「1年後にまた会いましょう」と笑って言えるように、スタッフとして参加者の方が楽しめるカンファレンスになるようがんばります。